インターンのレポートや報告書の書き方

インターンのレポートや報告書の書き方

インターンのマナー

インターンに参加した後、レポートや報告書が求められることがあります。できれば、良いレポートを提出して、評価を得て就職活動に活かしたいですよね。では、インターンの報告書ってどのように書けばよいのでしょうか? 今回は、インターンのレポート、報告書の書き方を記載します。

企業がインターンのレポートを求める理由

企業が行う活動には必ず、結果と検証が必要です。

インターンシッププログラムの担当者にとっては、学生から集めたレポートを結果として、次にどのように活かすことができるのか検証する必要があります。もちろん、その学生が、ものごとをきちんと文章化できるのか、どのように考えたのかを評価する意味もあります。

レポートの書き出しに困ったら

文章作成で悩ましいのは書き出しですよね。書き始めると意外にスムーズに書き進めたりできますよね。インターンの報告書での書き始めに悩んだ場合は、まず、自分がインターンに参加しょうと思った目的から書くと進めやすいです。

そのときには「御社に就職したい」と書いてはいけません。インターンシップは表向きでは「採用に関係ない」としている企業も多いからです。この場合は、例えば「ビジネスマナーを学びたい」や「語学スキルをあげたい」や「コミュニケーション能力を高めたい」などの具体的な目的を明示しましょう。

また目的について記載する場合、なぜそのような目的を掲げるようになったのか、理由を細かく書きたいと考える方もいるかもしれません。ですが目的を記載するのは、あくまで報告書の冒頭部分です。冒頭部分の記載となるため、目的を持った経緯を長々と記載すると、読む側が飽きてしまうかもしれません。

読む側の負担にならないようにするためにも、なるべく冒頭部分は簡略化して記載するようにしましょう。

 

プログラムの内容はわかりやすくまとめること

インターンのレポートをまとめるとき、大切な部分は実習でどのような経験をしたのか内容の記載と、そして、自分の考察になります。まずは、実習の内容ですが、会社の書類は担当者以外にも、多くの社員が目を通します。インターンの担当者でない社員が初見でも内容が分かるように配慮して記載しましょう。

そして、インターンの参加者側から見て、実際に働いてみて気づいた点や感想を記載することが大切です。

前述のとおり、会社には意見をフィードバックして次に活かすことを目的としています。この意図に沿った形のレポートは、評価が高くなります。

「当初の目的が達成できたのか?」「何を学んだのか?」を記載し、冒頭に記載した「目的」と話をつなげると、レポートとしてまとまりが出てきます。

感想の後には社員の方への感謝も大切

インターンシップというのは、企業にとって直接的な利益になるわけではありません。将来有力な人材を確保するのに役立つとしても、企業にとっては貴重な業務時間を割いています。

貴重な時間を割いてインターンに参加させてもらったのだからこそ、しっかりと感謝の気持ちを記載することが大切です。でも、感謝の言葉を伝えることが大切だからといって、感謝の言葉をたくさん書けばいいというわけではありません。感謝の言葉の部分が多いと、文字数稼ぎに見えてしまうかもしれません。

あくまで報告書のメインは、自分が経験したことや学んだことをまとめることです。そのため感謝の言葉を記載するときには、感想に一言添えるような形で記載するようにしましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。