インターンシップのお礼状の書き方(例文あり)

インターンシップのお礼状の書き方(例文あり)

インターンのマナー

インターンは、企業が就活生に職業体験を提供する場です。インターンに参加した場合、感謝の気持ちをこめて、お礼状を出してみましょう。社会人になれば、お礼状を送るケースも増えていきます。ここでしっかり学んでおいても損はありません。今回は、インターンシップのお礼状の書き方に関して、例文とともに紹介します。ぜひ、参考にしてお礼状を出してみましょう。印象が良くなりますよ。

インターンシップのお礼状の目的


インターンシップのお礼状を書く場合には、ちゃんと気持ちが伝わる内容にすることが大切です。「取りあえずお礼状を書くことが常識だから」という程度の気持ちで書いてしまうと、心がこもっていないことを簡単に見抜かれてしまうでしょう。

学生のうちに就業体験をさせてもらえたことは、とても貴重な体験です。新卒の就職活動の大きな武器になります。そのお礼を文章に乗せて送る訳ですから、送ることを目的とせず、気持ちを伝えることを目的としましょう。

そして、社会人になれば、お礼状を送るケースも増えていきます。ここでしっかり学んでおけば、後々に役に立ちます。

シンプルに感謝の気持ちを込めよう

では、お礼状に込める気持ちは、どのような気持ちなのでしょうか? 実は意外にも、ここが分からないという就活生が多いのです。「気持ちをストレートに表現することが苦手だから」とか、「あざとくなってしまうのが心配」などという理由で、感情を伝えることが苦手なようです。しかし、お礼状なわけですから、シンプルに「感謝の気持ち」を伝えることに徹すれば、案外書きやすいかと思います。取り繕う必要はありませんので、素直な感謝の気持ちを書きましょう。

 

インターンシップのお礼状の例文

感謝の気持ちをシンプルに表現といわれても、具体例がなければどのように書くべきなのか、想像しがたいですよね?そこで、インターンシップのお礼状の書き方を例文とともに紹介します。

 

【インターンシップのお礼状の例文】
○×株式会社
人事課××様

拝啓

このたびは、インターンシップ期間に貴重な経験をさせていただきましてありがとうございます。社会経験がない私に、親切丁寧にご指導していただきまして感謝しております。

初めてプロのお仕事に触れさせていただき、皆様の高い意識と仕事へ取り組む姿勢にとても刺激を受けました。

特に、●●様から教えていただいた、●●の対処方に関しては、勉強になりました。

ぜひ、この経験を、晴れて社会に出た時に活かしいと思っております。ご多忙にも関わらず、大変貴重なお時間を割いていただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

貴社のご発展と〇〇様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

敬具
平成○○年○○月○○日

〇〇大学○○学部○○学科
自分の氏名

 

 

お礼状の書き方の重要ポイント

例文をお読みいただいて何か感じたことはありますでしょうか?実はこの例文は5つのポイントを意識して書いており、実際にインターンシップのお礼状を書く時にも実践されることをおすすめします。では、インターンシップのお礼状を書く時の5つのポイントについて、1つずつ紹介したいと思います。

宛名を間違いなく書く

まずは宛名を間違いなく書くことを心がけましょう。当たり前のように思われるかも知れませんが、実はここはかなり重要なポイントで、正直かなり間違えている方が多いのです。

特に、担当者の名前を間違えると、お礼状にどんな良いことを書いたとしても、全て台無しになってしまいます。紛らわしい漢字が使われている場合や、複雑な漢字の場合には、特に気をつける必要があります。

例えば、斉藤、斎藤、菊地、菊池など、細心の注意をはらいましょう。

あいさつ文を書く

あいさつ文も忘れずに書きましょう。一般的には「拝啓」と書くことが多いようです。背景とは、「謹んで申し上げます」という意味ですので、目上の人への挨拶に適しています。他にもあいさつ文として「謹啓」や「前略」などがありますが、「謹啓」は改まった場合に使うため、お礼状には相応しくありません。前略は前文を省略するという意味ですので、目上の人には失礼にあたります。

本文を具体的に書く

本文の内容はなるべく具体的に書きましょう。抽象的に書いてしまうと、月並みな文章だと思われかねません。感謝の気持ちを表現しながら、インターンシップを通じて感じたことや、考えたことなどを、あなたのオリジナルのエピソードを具体的に表現しましょう。具体性があるほど、真実味が増しますので、感謝の気持ちも伝わりやすくなるでしょう。

結びの分でしっかり締めくくる

結びの文章でしっかりと締めくくることも忘れてはいけません。結びの文章で締めくくると、全体の構成がぐっと引き立ちます。また、相手への配慮をした文面で締めくくることはマナーでもありますので、漏れなく書くことが必要です。例文から引用しますと「貴社のご発展と〇〇様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。」の部分です。忘れずに盛り込みましょう。

 

誰か分かるように署名を書く

最後に署名を書きましょう。署名とは、お礼状を送った人が誰か分かるように記載するものです。住所や学校名(学部や学科も含む)、氏名の情報を書きましょう。もしも署名を忘れてしまっては、一体誰が送って来たお礼状なのか分からなくなってしまいますので、お礼状としての意味を成しませんので、きっちりと書く必要があります。

 

インターンシップのお礼状の注意点

インターンシップのお礼状を送る時には、注意すべきこともあります。せっかく気持ちを込めてお礼状を送っても、配慮が足りない手紙となってしまっては、かえって印象を下げてしまうことにもなりかねません。では、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

論点をぼかさない

学生の中で多いことが、論点がぼけてしまっているお礼状です。言いたいことがきっちりと整理できていなくて、論点がチグハグであったり、無意味に遠回りした内容である場合があります。読んだ相手にとっては、「結局何がいいたいのか分からない」という手紙となってしまう場合がありますので、論点を明確にして、最短距離で伝える文章を心がけましょう。

無理に手書きで書かない

手書きだと丁寧だと思って、インターンシップのお礼状を手書きで書く人もいらっしゃいます。確かに手書きのお礼状は、心がこもっているように思えるかも知れません。しかし、自己満足と相手満足の違いは意識しておく必要あります。

たとえば、字を書くのが苦手な人が、無理に手書きで送ってしまうと、相手にっとっては読みにくいだけかも知れません。その場合にはタイピングした文字の方が適切です。

相手の会社は「貴社」と表現する

お礼状の文章の中に、相手の会社を表現する場合があるかと思います。この場合には「貴社」と使えば良いのか、「御社」と書けば良いのかどちらでしょうか?

実は、文章を書く時には「貴社」が相応しく、会話をする場合には「御社」が相応しいのです。そのため、面接などでは「御社」が適切ですが、お礼状の場合には「貴社」が適切です。

お礼状はなるべく早く出す

お礼状はなるべく早く出しましょう。お礼状はインターンシップが終了した翌日から1週間以内程度が目安とされていますが、早いほど良いかと思います。会社員になったあとも、優秀な社員はスピード感があり、リアルタイムに仕事をしています。学生の間からスピード感を持つクセを付けた方が良いでしょう。


まとめ

インターンシップのお礼状は、お世話になった企業に対する感謝の気持ちを伝えるツールです。感謝の気持ちが伝わらなければお礼状を出した意味がありませんので、「伝える」ではなく「伝わる」ことに重点を置いて送りましょう。そのための方法を紹介しましたので、ぜひ実践していただければと思います。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。