インターンのエンジニアって何をするの? 身につくスキル

インターンのエンジニアって何をするの? 身につくスキル

インターンの職種

学生が企業などの中で一定期間働き、就業体験ができる長期インターンシップ。今や多くの企業が制度を活用していますよね。一口にインターンシップといっても、職種はさまざまです。今回は、エンジニアのインターンに関して説明します。

エンジニアのインターンではどのようなことを行うのか

エンジニアは、従来から製造関係やプラント関係など、主に工業関連業務に携わる人を指しています。また、現場だけでなく技術開発や設計といった業務を指すことも多く、非常に裾野が広い特徴を持つ分野でもあります。

インターンでは、WEB関連のエンジニアに関して盛んに求人が行われています。多くの場合は、WEBエンジニアの職と考えて良いでしょう。

 

例えば、Webエンジニアの場合では、ユーザーの目に見える部分を構築するフロントエンドの開発と、ユーザーの目に見えない部分の処理を行うバックエンドの開発があります。フロントエンドではWebデザインをはじめとして、ユーザーの入力画面などのサイトのブラウザ側の処理のコーディングなどがあり、バックエンドは情報の受取りから、実際にデータベースへの情報登録、情報を引き出してユーザーに情報を返すといった内容などがあります。

スマホアプリを作る場合など、設計、開発、出来上がったコンテンツの動作環境の確認といった内容があります。

行う内容は企業の業態によって異なり、中には、携帯電話の基地局の電波調査や、コンテンツの運用や保守といった内容を設けているケースもあります。Web関連の場合では必要となるスキルにプログラミング言語があり、参加をする前にどの言語が多用されるのか確認をしておく必要があります。

エンジニアのインターンは儲かる

WEBサービスが興隆の現在では、エンジニアの仕事が多く、人手不足の傾向があります。エンジニアの長期インターンの報酬は、通常のインターンと異なり高額に設定されていることが多いです。企業にとっては、エンジニアの確保は重要な課題であり、学生のうちに教育をしながら自社に囲い込みたいネライがあります。

インターンシップで身に付くスキルについて

エンジニアのインターンで得られるスキルには、大きく3つの内容があります。まず1つにサービスの創り方があり、ここでは、主に、0からサービスを創る際に何を考えてサービスを創ればよいかという点を学ぶことができます。

ビジネスの場合には個人でプログラムを作ることとは異なり、実際の業績に結び付くような内容を創ることが求められます。また、プロセスにおいてもユーザーが何を求めているのかを考えて進める必要があり、実務に就くことでサービスの創り方を身に付けることができるようになります。

次に実装の仕方を身に付けることができます。ビジネスにおいては、サービスがいくら良くても形にして送り出さなければ意味はなく、ここでは、実際の形にする際にどんなことを考えて実装すれば良いのか学ぶことができます。

実装は、経験が特に物をいい、先輩社員の仕事内容を良く見ることも参考の1つとなります。

3つ目には、サービスの運用の仕方があります。サービスは、実装後には運用する必要があり、運用して業績に反映することで初めて認められます。例えば、実装まで素晴らしいサービスに仕上げたとしても、結果が出なければビジネスでは失敗と判断されることになります。ここでのスキルも業務に携わることで学ぶことができ、インターンでは事例も確認することができます。

インターンでエンジニア職を体験するメリット

エンジニアのインターンに参加をするメリットは、まず第一に、参加を通じて業界、職種や企業について、自分で体験して理解することができる点があります。特に職種的にも専門分野となるために一般的に行われる説明会やOB会などでは分からないことも多く、参加をすることで、企業の雰囲気はもちろんのこと、開発の進め方など専門的な内容を知ることができます。

次に、学校の勉強とは異なり、チームでの開発を経験できることがあります。企業における開発はチームを組むことで進められるために、ここでは、技術だけでなく、人との対応の仕方も学ぶことができます。

参加をするメリットには、現場で活躍するエンジニアと交流できる点もあります。ここでは、実務レベルの技術やキャリアについて有益な話を聞くだけでなく、場合によっては、就活などの相談に乗ってもらえる可能性もあります。

また、同じ志を持つ学生とも交流を行うことができ、将来の仲間を見つけたり、様々な話をすることで就活にも前向きに対処をすることができるようになります。

エンジニアのインターンシップの参加は、実際に業務を経験することで面接時に説得力のある話をすることができます。専門分野であるために特に効果が高く、質問に対しても働くイメージを具体的に捉えることができるために、志望動機や希望する業務を的確に答えることができます。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。