インターンってどれくらいの貰えるの? 給与の相場観を知ろう

インターンってどれくらいの貰えるの? 給与の相場観を知ろう

インターンシップとは

インターンには無給と有給があり、有給インターンに参加すれば給与を貰いながら働くことができます。企業によって金額は異なりますが、ある程度の相場が決まっていて、今回は平均勤務時間に基づいて、インターンに参加するとどれくらい収入を得られるか説明します。

インターンシップは2種類ある。短期インターンと長期インターンの違い


インターン(インターンシップ)は主に短期と長期の2種類があります。短期インターンは1日~2週間程度のケースが多く、気軽に参加できることがメリットです。1日の場合はセミナーや企業説明会のように企業のプレゼンを聞く内容が多く見られます。簡単なゲームを通して社員や参加者とコミュニケーションをとることもあります。

1~2週間であれば企業説明会の他に、軽い業務体験がプログラムに盛り込まれていて、企業や業界の研究に役立てることが可能です。学業とインターンを両立して学生が参加しやすいので、多くの企業が実施しています。

一般的に1ヶ月以上の勤務が求められる場合は長期インターンに分類されます。こちらは参加者が社員の一員として同じ現場で働くことになり、実践的な経験から多くのことを学べます。参加者がそのまま企業へ就職するケースも多く、責任の大きい仕事を任されることも少なくありません。その後は能力があればインターンで継続や内々定を出す企業もあります。

短期間のインターンシップは企業のことを知って貰うために実施しているので、企業側よりも参加者のメリットが豊富に存在します。企業側のメリットが少ないため、無給のインターンがほとんどと言っても過言ではありません。

逆に長期間のタイプは参加者が適性度を確かめる目的もありますが、人材を確保したいという企業側のメリットの方が大きいでしょう。参加人数が少ない傾向にあるので、有給のインターンが多くなっています。このように期間によって無給・有給の違いがあるため、必ず事前に確認してください。

 

インターンの給与の相場とは?

給与は企業によって異なりますが、時給なら約1,000~2,000円が相場です。時給の高い企業は、それだけ高度な仕事を任されると考えてください。多くの企業でアルバイトと同じくらいの金額が提示されています。日給なら約5000~1万円、作業ごとに給与が支払われる成果報酬なら1作業につき約1,000~50,000円です。専門知識や技術が必要な難しい作業ほど、成果報酬が高くなります。

大学生などの学生がインターンへ参加する場合は、あくまでも学業が優先されます。そのため短期間のインターンは学生が参加しやすい休日に実施されることが多いです。長期間は学業の合間に数時間だけインターンへ参加する、1週間の内2~3日程度出勤するのが一般的と言えます。大学3~4年で、出席する授業も減り、自由が利くようになると、社員と同じように朝から出勤する場合もあります。

給与の相場と平均勤務時間を総合して時給1000円で週に3日(9時~17時勤務)、3ヶ月間のインターンに参加したとしましょう。1日の勤務時間が8時間なので日給は8,000円、1週間で24,000円です。1カ月を仮に4週間とすると1ヶ月で96,000円、3カ月のインターン終了後には288,000円となります。貴重な経験をしながら20万円以上稼げる可能性があり、メリットが豊富です。


アルバイトとインターンの違い

先程説明したようにインターンの賃金とアルバイト代は、ほとんど変わりません。1日の勤務時間を指定されて働く所もアルバイトと似ています。しかし、お金や勤務時間以外の部分で大きな違いがあります。特に中小、ベンチャー企業は、新卒の社員獲得を想定して実施していることが多いので、アルバイトよりも責任のある仕事を任せて貰える可能性が高く、学生という立場で会社員と同じ経験をすることができます。そして、就職に関しても、長期インターンを経て正社員に雇用される可能性が高いことが特徴です。

 


お気に入りにする