インターンで身につけることのできるスキルは?

インターンで身につけることのできるスキルは?

インターンシップとは

学生が社員と一緒になって働く長期インターンシップ。まだ学生なのに社会人と一緒に働くのは不安に思えますが、インターンはメリットの宝庫、チャレンジして損はありません。実際に長期インターンでどのような経験ができて、そこから身につくスキルについて紹介します。

インターンは技術と知識をま間近で経験できるチャンス

まず、インターンシップには2週間以内でプログラムが終了する短期インターンと1カ月以上の長期インターンがあります。長期インターンは、社員と一緒にさまざまな仕事を経験するインターンです。

長期インターンで得られるスキルの一つは、専門的な技術と知識です。会社が現実の活動の中で、今まさに使っている技術と知識が学べます。

例えば、システムエンジニアであれば、製品として世に出たソフトを開発したプロのエンジニアから直接開発技術を学ぶことができ、学問として学ぶ開発技術とは違う、実際に使われている技術を間近で見られます。営業職であれば、現場で商品をどのように販売しているのか、お客様とどのような会話をしているのか間近で見ることができます。外国語を使う仕事であれば、日常会話と違ったビジネス会話を体験することができます。企画ならば、企画書の作り方や考え方、プレゼンテーションでの技法を経験できます。どちらのスキルも簡単に身につくものではありませんが、百聞は一見にしかず、ビジネス書では得られない現場の雰囲気をインターンで感じ取ることで自分の成長のスピードが加速します。

 

インターン経験でビジネスマナーを身につける

インターンで身につくスキルとして一番に挙げられるのがビジネスマナーです。
ビジネスマナーとは、パートナーとして信頼関係を結ぶために必要なスキルです。挨拶からはじまり、服装や敬語の使い方、お客様に対する対応、電話やメール、会社組織内での振舞い方などなど、本でも学ぶこともできますが、やはり実践することがなによりです。

そして、失敗するのは当たり前で、先輩の社員も何度も失敗や経験を重ねてビジネスマナーを身につけています。特にインターン生は、学生ゆえに許される場面もあると思います。せっかくなので社会人になる前に、失敗も含めて経験をしておくと良いでしょう。経験を重ねることで自然とビジネスマナーに沿った行動が意識せずにできるようになり、これは、社会人として一生役に立つ武器になります。

 

 インターンでコミュニケーションの重要さを学ぶ

インターンでは、人間関係を作るスキルも身につきます。会社での人間関係は、学生時代とのものとは大きく違います。上司や部下、取引先やお客様などなど、立場も違えば年齢も違う多くの人間関係が発生します。学生のときには嫌いな人、苦手な人とは「付き合わない」という選択肢もありますが、社会人はそう簡単にはいきません。どんな人とも、積極的にコミュニケーションをとって仕事を進めることが求められます。実際、多くの仕事のトラブルは「コミュニケーション不足」「コミュニケーションの間違え」から発生します。インターンでは、「社会人がどのようにコミュニケーションをとっているのか?」を観察し、失敗や成功などコミュニケーションの重要性を学ぶ良い機会になるでしょう。

インターンは就職活動の武器になる。

インターンでは、学生では知りえない「生」の業界知識や情報を得ることができます。業務的な知識に加えて、どんな雰囲気の職場なのか、働いている人は楽しそうにイキイキと働いているか、職場の人間関係は良いかなど、実際に仕事場の情報を肌で感じることができます。

 

また、同じインターンをしている学生は同業を希望されている「意識の高い方」も多いでしょう、積極的に情報交換や交流をすることで、自身を高める刺激にもなります。さらに、実際の経験からのエピソードは就職活動のときに必ず役に立つ武器になることでしょう。


お気に入りにする