インターンとアルバイトの違いって何?

インターンとアルバイトの違いって何?

インターンシップとは

企業が学生に職業体験の場を提供するインターンシップ。「就活」に役立つということで、参加する学生も増えてますよね。中でも長期インターンは、社員と一緒に学生が仕事をします。そして、賃金が発生する場合も多いです。一見、インターンとアルバイトって同じように思えますが、インターンとアルバイトはどのように違うのでしょうか?

給料や意味、目的などをなど・・・インターンとアルバイトの違いに関して説明していきます。

 

インターンの種類で有給、無給がある

インターンは、正式にはインターンシップと言い、「長期インターンシップ」と「短期インターンシップ」の二つに大きく分けられます。長期インターンは、数カ月、長ければ年単位で会社に入り社員と一緒に仕事をしていきます。短期インターンは、実務をおこなわずに会社の説明や雰囲気を知ってもらうことを念頭に開催され、多くは無報酬です。

アルバイトと区別がつきにくのは「長期インターンシップ」です。長期インターンは、賃金が発生する「有給型インターン」もあり、仕事をして賃金を得る側面ではアルバイトと同じように思います。ただし、長期インターンでも無報酬のケースもあるので、企業ごとに確認をする必要があります。

短期インターンに参加する意味って何?

短期インターンは、一般的に新卒の採用を予定している企業が就職活動の時期よりも前に実施し、1日のみだったり1週間程度だったりと期間は企業によって様々です。実際には仕事をせずにグループワークやディスカッション、ビジネスコンテストなどを行うケースや企業によっては体験ツアーのような企画を実施することもあります。遠方から参加する学生には交通費や宿泊費の一部を負担する場合がありますが、報酬という形で支払われるケースはほとんどありません。

インターンを実施している企業のうち、9割程度はこの短期インターンを採用していて、学生に会社の雰囲気や仕事の内容などを理解してもらうことを目的としたものになります。学生にとっても企業説明会だけでは分からなかった情報を得ることができ、人との繋がりも期待できるので就職活動に有利になります。

 

長期インターンとアルバイトの共通点と相違点

長期インターンは実施期間が1ヶ月以上の場合が多く、期限を限定していないところもあります。参加する学生は大学1年生から4年生まで幅広く、就職活動が終わってからでも参加できるのが特徴です。

実際に業務に携わって仕事として参加することが多いため、時給や日給といった形で報酬が発生する場合がほとんどです。そういった意味ではアルバイトとの違いはあまりないと言えます。また、週に何日間、1日何時間のように働く時間をシフトによって決めていることも多く、企業によっては月給制のところもあるのです。

しかし、企業は長期インターンに参加してくる学生を優秀な人材であると位置づけている場合があり、アルバイトが通常行っている業務よりも責任のある業務を任せることもあります。そのため、仕事をどんどんこなしていって成果を出していくと、通常であれば正社員2、3年目の人間がこなす仕事も請け負う可能性があり、そのまま社員にスカウトされるケースもあります。

 

長期インターンに参加する意義とは

 

長期インターンでは責任のある仕事を任せられたときにどう考えるかが大切。面倒に思ったり押しつけられたと感じたりする学生にはそもそも長期インターンは合っていない方法と言えます。
もしも、お金を稼ぐことを目的としていた場合であれば、アルバイトだけでも充分ですよね。長期インターンは数カ月間正社員の方たちと一緒に働くことになるので、それだけで自然とビジネスマナーや基礎知識が身についていきます。それは別の業種に進もうとした場合にでも大いに役に立ち、働くことに対しての考え方や方向性の輪郭をはっきりさせることにも繋がってきます。また、起業やフリーランスで働いていくなどの将来設計が固まっている場合には、その思いを伝えることで新規事業の立ち上げへの参加や経営についてのノウハウを教えてもらえる可能性があります。


新卒採用に直結!?長期インターンが有効な理由

長期インターンで身につけた実務的なスキルや人間関係によって形成された対応能力は、就職活動でかなり有効に働きます。

なぜなら、長期インターンを経験している学生自体がそれほど多くないこともあり、インターンとはいえ社会に出て仕事をした経験は貴重で、他の学生に比べて、かなり大きなアピールポイントになるでしょう。

また、企業によっては、長期インターンを経験した学生からしか採用しないケースもありますし、インターンで得た経験や人脈をベースに起業するケースもあります。いずれにしても長期インターンは経験しておいて損はありません。週に数日だけの有給インターンも探せばあるので、勇気を出して応募してみることで将来に役立つ仕事や経験に出会える確率は高くなります。


お気に入りにする