インターンシップとは? その実態とメリットを解説

インターンシップとは? その実態とメリットを解説

インターンシップとは

インターンシップに参加する学生が増えています。「就職活動に有利になる」「インターンで内々定をもらった」など、さまざまなメリットがあるといわれていますが、実際「インターンって何?」と思ってる学生も多いでしょう。今回は、「インターンシップ」の定義や実態とメリットを説明をします。

1.インターンシップとは

インターンシップとは、簡単にいうと学生が職業体験をすることを意味します。

学生が専攻する学問の就業体験をすることで、勉強の一環と考えて良いでしょう。病院が医学生にインターンの場を提供する制度は有名ですよね。

最近では、一般企業が社会貢献の一環として学生に対して職業体験を提供するケースが増えています。

 

2.一般企業がインターンシッププログラムを導入する本当のネライは?

社会貢献の意図や外部の人間を向かい入れることによる社内の活性化の意図があります。

そして、公式には「インターンと採用は関係ない」としていますが、ホンネは優秀な学生を早期に囲い込むネライがあります。就職活動の解禁時期を遅らせたことによって、短くなった採用活動期間を補うリクルーティング活動の一環になっているのが実態です。

 

3.インターンシップの種類と体験できること

インターンには、期間による4つのタイプがあり、さらに、無償であったり有償であったり交通費が支給されたりと待遇の違いがあります。人気企業のインターンは、応募が殺到するため、書類選考から始まり面接など、本番の採用試験さながらの選考が行われます。

  1. 1Dayインターン(1日)
  2. 短期インターン(数日~2週間程度)
  3. 長期インターン(1カ月以上)

 

1Dayインターンシップ

1Dayインターンは、大企業が実施するケースが多く、就職活動の会社説明会とほぼ同等と考えて良いです。その企業に関する概略の説明を受け、社内を見学したり、社員と質疑応答をしたりとシンプルなプログラムです。

職場体験といっても、労働をすることもないため、基本は無給であり、あっても交通費の支給となります。

大学3年生向けに実施されるケースが多いです。

 

短期インターンシップ

短期インターンは、数日から2週間程度のインターンになります。学生をグループごとに分けて企画立案をと発表を行うグループワークを行ったり、職場体験ツワーを行ったりするケースが多いです。基本は無給であり、あっても交通費の支給となります。最後は交流が催されることもあります。グループワーク内でのふるまいなど、良い目立ち方をしている学生をリクルーターがチェックしています。

 

長期インターンシップ

長期インターンは、1カ月以上の長期にわたるインターンで、ベンチャー企業や中小企業を中心に行われているインターンです。社員と一緒に実践的な仕事を行い、賃金も有給であるケースが多いです。

学生にとっては、ビジネスマナーや自身のスキルを伸ばす大きな機会になる一方で、安い労働力として学生を活用しようとしている企業もあります。特に長期インターンの場合は、自身の目的と合致するか検討の上参加することをおすすめします。

会社にもよりますが、大学1年生から参加する学生もいれば、4年生まで、参加できるケースが多いです。

 

4.インターン参加の学生のメリットは?

 

就職活動の練習

人気企業のインターンは、書類選考から始まり面接など、本番の採用試験さながらの選考が行われます。例え、受からなくても本番の就職活動前の予行演習となります。これを体験しているのと体験していないのとでは、大きな差がでるでしょう。

 

採用に有利になる

企業側も学生の人となりを観ることができるため採用活動の一部として活用しています。ベンチャー企業や中小企業では、そのまま内々定が出るケースもあります。

 

 

業界や会社の仕組みを知ることができる

学生では知ることができなかった業界や会社の情報を知ることができます。知識は多いほど本番の就職活動を有利に進めることができます。

 

社会人の人脈が作れる

先輩社員との人脈を作ることができます。たとえその企業に入らなくても、社外の人脈は貴重で、社会人になったときのあなたの力になります。

 

経営層との人脈が作れる

ベンチャー企業では、社長や役員との距離が近いため経営層との人脈が作れる機会もあります。社会人になったときや、起業を志すときのあなたの力になります。

 

学生の人脈が作れる

同じ業界や志を持つ学生の人脈が作れます。就職活動での情報交換や社会人になったときに、あなたの力になります。

 

自己PRのネタになる

長期インターンの場合、本番の就職活動の面接で、活用できるネタにすることができます。体験した仕事の課題をどのように解決したのか具体的に語れるエピソードを用意することができます。

 

スキルが身につく

長期インターンでは、より実践的な仕事を行うため、基本的なビジネスマナーや、さらに加えて、専門的な知識を身につける機会がえられます。語学力を磨きたい、プログラミングの技術を身につけたい、マーケティングを学びたい、など目的意識があれば、有意義なインターンになるでしょう。


お気に入りにする