初めてのインターンシップ、長期と短期どっちがいいの?

初めてのインターンシップ、長期と短期どっちがいいの?

インターンシップとは

大学生の中で何かと話題の「インターンシップ」。よくわからないけど、やった方がいいのかな…と思っている人も多いのではないでしょうか。でもその前に、インターンシップの種類はちゃんと理解できていますか? 応募する前に、インターンシップの種類を知って、自分に一番あったインターンシップを選びましょう。

インターンシップには短期と長期がある

インターンシップ、略してインターンは、様々な区分で種類が分けられています。まず一つ目の分け方が「インターンの期間」です。期間の長さによって呼び名が分けられていて、「短期インターンシップ」と「長期インターンシップ」があります。

 

短期インターンシップは、一般的に1日~2週間ほどの長さです。1日で終了するものは企業説明会や職場の見学が主なプログラムになります。1週間ほどのインターンの場合は、グループワークや業務体験をするのが一般的で、実際に企業の人にプレゼンを見てもらえると言ったプログラムが用意されていることもあります。一方の長期インターンシップは、1ヶ月~長いと1年以上も続くインターンのことです。長期インターンシップの最大の特徴は、「社員と一緒に働く」ということです。営業、ライター、エンジニア、デザイナーなどの実際の業務に従事します。

 

インターンは、開催時期によって呼び名が違う

もう一つのインターンシップの種類の分け方は「開催時期」です。短期インターンシップに対して使われる呼び名で、開催時期によって「サマーインターンシップ」と「ウィンターインターンシップ」に分かれます。その名の通り、学生の夏休みを中心として行われるのがサマーインターンシップ、冬に行われるのがウィンターインターンシップです。ちなみに、夏の前に「インターンに応募したほうがいいですよ!」と就活サイトや大学のキャリアセンターが言っているのは、このサマーインターンシップのことが多いです。サマーインターンシップは多くの企業が参加しますし、期間が短い短期インターンシップが多いので参加しやすいインターンと言えます。

 

一方、ウィンターインターンシップは夏とは違い、企業側も本格的な就職活動を意識します。そのため、「インターン参加者は一次面接免除!」などの特典が付いてくることもあります。ウィンターインターンシップを「0次選考」と捉えている企業もあるので、夏と比べて「ガチ度」が上がっているのは確実ですね。

 

短期インターンの特徴

大学生が悩むポイントとして多いのが「どのタイプのインターンに応募しよう?」ではないでしょうか。短期インターンシップか、長期インターンシップかだけでも悩んでしまいますよね。それぞれメリットとデメリット、得られるものが違ってくるので、自分にぴったりなのはどれなのか、じっくり考えて見てください。

 

まず、短期インターンシップのメリットとしては、「手軽」「企業研究にもなる」ということです。1日で終わるインターンであれば、いくつもの企業のインターンに参加することが出来るので、様々な業種のインターンに参加することも可能です。「自分がやりたい仕事や業種が決まっていない」といった人や、「就活サイトでみたこの企業、実際はどうなんだろう?」という悩みがある人におすすめです。「就職」を意識し始めたら、とりあえず短期インターンに応募してみると雰囲気をつかめます。

 

デメリットとしては、「期間が短いので得られるものが少ない」、「そもそも参加するための倍率が高すぎる」ということです。全国からたくさんの学生が応募してくるので、短期インターンの倍率は高くなることが多いです。また、インターンに参加しても本選考での優遇が得られないことが多いです。ですが、グループワークなどで一定の評価を受けると本選考で有利になることもあります。さらには選考の過程でESを書いたり面接をしたりするので、就活の練習にもなります。

長期インターンシップの特徴

一方の長期インターンシップのメリットは、「実際の業務を経験できる」「就活の時にエピソードにできる」ということです。ビジネスマナーや業界の実態も学ぶことができるので、大学では学べないことも勉強することができます。また、社員と同じように働くことになるので、責任感も身につくでしょう。さらに、長期インターンシップでの経験は就活の時にエピソードとして話せます。「学生時代に長期インターンシップで○○をしていました。○○が大変でしたがこのように解決しました」などと具体的な話をすることが出来れば、やはり面接官からの印象は良いと思います。

 

逆にデメリットは「学業との両立」「大きな責任が伴う」ということです。インターンに多くの時間を割くことになるので、すでに授業を多く履修している人やバイトをしている人は中々長期インターンシップは厳しいかもしれません。ただ、大学のテストや授業であればシフトの融通をきいてくれる企業もあるので、きちんと確認するようにしましょう。大きな責任が伴う、というのはメリットと紙一重で、長期インターンでは、あなたのミスが企業にとって大きな損失になる可能性があります。社会人と一緒に実際のビジネス現場で働いている、という気持ちを忘れないようにしましょう。

 

長期インターンがおすすめなのは自分のスキルをアップさせたい人、バイト以上のやりがいが欲しい人、また大学1・2年生にもおすすめです。短期インターンは3・4年生限定としていることもありますが、長期インターンは学年制限がないことが多いです。まだ時間に余裕があるうちに長期インターンを始めるのがおすすめです。また、エンジニアやデザイナーなど技術職を目指している人にも長期インターンはおすすめです。実際の業務で使えるレベルまで自分のスキルをアップできれば、就活の時にも有利になります。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。