夏を逃してもまだ間に合う。冬のインターンシップで就職活動の準備を

夏を逃してもまだ間に合う。冬のインターンシップで就職活動の準備を

インターンシップとは

インターンシップの定番といえば、夏休みを利用したサマーインターンシップですが、採用時期の変化により、冬にウィンターインターンシップを開催する企業も増えてきました。ここでは、12~2月頃に開催される冬インターンシップについてお話します。

増加する冬のインターンのねらいは?

冬インターンが増えている理由は選考時期に変更からウィンターインターンシップを実施する企業が増えている背景には、大手企業の採用試験の時期が変化したことが大きく関係しています。これまで、12月から徐々に始まっていた大手企業の会社説明会やセミナーは、現在、翌年の3月からスタートとなっています。この就職活動時期の変化が影響し、最近では、12~1月ころ冬インターンシップを新たに行う企業が多く見られます。企業側も夏の経験を経て、その年の採用のコンセプトが決まり、より採用を意識したインターンの受け入れを行います。入社希望の企業が冬インターンを実施していたらば、チャンスを逃さずに応募をしてみましょう。

冬季インターンの採用スケジュール

冬インターンの申込みは11~1月、実施は12月~2月が多いです。特に冬のインターンは夏に比べて情報が少ないため、10月頃には志望企業のサイトや就職情報サイトでインターン募集に関する情報をチェックしましょう。

就活に出遅れた学生こそチャレンジしよう

部活や留学で夏のインターシップに参加できなかった学生にとって、冬のインターシップは遅れを取り戻す大きなチャンスです。インターンの選考プロセスは、就職の採用試験と同じようなプロセスを行います。積極的に参加することで、志望企業の情報を収集しましょう。同じ企業や業界を志す友達もつくれるかもしれません。就職にまだ実感がわいていない学生も環境に自分を投げ込めば気持ちも上がって来ますし、直前に迫った就職活動への良い準備ができます。


冬季インターンシップを有効活用

冬インターンシップの後、程なくして説明会やセミナーが始まり、企業は膨大な応募者の中から、人を選ばなければなりません。そんな中で直近のインターンシップに参加した学生は、記憶に新しく印象に残りやすいものです。また、直近の会社の情報や課題を知ることができ、エントリーシートや面接時のネタ対策を練ることもできます。冬のインターンシップならではのメリットを有効活用しましょう。

 


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。