大学2年生から始める就活準備。長期インターンシップのすすめ

大学2年生から始める就活準備。長期インターンシップのすすめ

インターンシップとは

大学2年生といえば、就活を少し意識し始める時期。2年生のこの時期に他の大学生2年生よりも差をつける長期インターンシップを検討してみては? アルバイトとインターンの違いやそのメリットなど長期インターンの特徴について紹介します。

インターンとアルバイトの違い

インターンには無給のインターンと有給のインターンがあります。
企業に一時的に雇われて働いた分のお給料をもらうシステムとしては、アルバイトのほうがよく知られているかもしれません。有給インターンシップも、働いて賃金を得ることができます。しかし、そこには大きな違いがあります。

まず、雇用する企業にとっての位置づけが、アルバイトとインターンでは異なります。企業がアルバイトを雇う主な目的は、時給と引き換えに、限定された内容の労働をしてもらうことです。それに対してインターンの場合は、正社員採用を念頭において、学生の資質を見たり、学生に仕事の経験をする機会を与えることが、主な目的となります。

そのため、アルバイトよりもインターンのほうが、より具体的な職業経験や責任ある内容の仕事を任せてもらうことができます。次に、アルバイトは学生だけでなくフリーターや主婦など幅広い世代を対象にしていることに対し、インターンは主に就業前の学生を対象としています。

また、インターンにはさまざまな形式のものがあり、なかには無給インターンも存在します。このように、インターンには学生にビジネス体験をさせて教育する目的や、自社の業務内容を就職前の学生に知ってもらい就職試験に応募してもらおうという広報の目的があります。

インターンのメリット1:アルバイトよりも就活に有利

就活では自己PRがとても重視されています。なかでも、学生時代に何をしたかはエントリーシートにも記入し、面接でも頻繁に質問される項目となっています。

アルバイトやボランティア、サークル活動での活躍や実績を自己PRの要素にする学生は多いです。しかし、それらの内容よりも就活において有利とされるのが、インターンに参加した体験だといわれています。

前に述べたように、企業がインターンシップを行う主な理由は、学生にビジネススキルをつけさせることです。すなわち、インターン体験のある学生とは、社会人としての基本的なマナーや仕事をする上での姿勢を習得した人材と見なされます。企業は伸びしろのある新卒者を求めると同時に即戦力となりそうな人材も求めているため、他の学生よりも有望とされるでしょう。

学生にとっては、興味ある業界・企業で実際の業務をインターンで経験することが、進路選択や就活対策をする際に大きく役立つと考えられます。

インターンのメリット2:アルバイトよりも高い時給・昇給制度

インターンの中には一般的なアルバイトよりも時給が良いものもあります。アルバイトとインターンでは、募集の多い職種や実際に勤務する仕事内容が違うため、それが反映された結果ともいえるでしょう。

アルバイト時給は、地域や職種によって差がありますが、だいたい900円から1,200円程度のようです。いっぽうでインターンの場合は時給1,000円以上のものが多く、なかには時給2,000円以上で募集している場合もあります。

また、インターンを対象に能力に応じた昇給制度を敷いている企業もあり、その場合はできるだけ長く続けたほうがお金の面でも得ですよね。
有意義かつ効率よく稼ぐ方法として、インターンシップ参加を検討してみてはいかがでしょうか。

 

インターンのメリット3:就活のビジョンが見えてくる

就活において重要なポイントとして、自己分析と志望業界絞り込みを挙げることができます。この2つは就活において最初にしっかりと行うべきビジョン作りなので、早めに大学2年生から始めると良いでしょう。

しかし、自分ひとりの頭の中だけで考えてみても、自分自身の能力や適性を具体的に知ることはなかなか難しいと言われています。また就職先として人気のある業界や企業についても、外部から資料などで見るだけでは、漠然としたイメージしか描けないかもしれません。

そこで、気になる業界や企業のインターンに参加するメリットが出てきます。実際の職場の雰囲気に触れたり業務内容を体験したりすることによって、それまではよく見えていなかったものが見えてくることでしょう。たとえば、自分の希望や適性と合っているか、重用されるのはどんなスキルや資格か、どのような努力をすれば良いのかなどを、インターンとして働きながら知ることができます。

漠然と人気資格取得や人気企業への応募をするよりも、具体的なビジョンをしっかりと持って就活を行うほうが、モチベーションも高く維持できますし良い結果につながると言えるのではないでしょうか。


就活は前倒し傾向!大学2年生でインターンを始めるべき理由

時間と気持ちにゆとりのある大学2年生のうちにインターンに参加し、自己分析や業界・企業の実態把握を済ませておけば、進路を熟慮したりスキルアップしたりする余裕を持つことができます。また近年の就活は前倒し傾向にあり大学3年生の夏以降は余裕がなくなるため、早めに準備を始めたほうが有利です。

多くの学生は大学3年の夏に自己分析や企業研究、インターンへの応募や参加を始めます。そして翌年3月には、インターン満了と前後して採用情報の公開が解禁され、同時に企業説明会開催や応募受け付けがスタートします。入社試験や面接などの選考は4月から始まり、早い場合は4月下旬にも内々定・内定が出始めます。

大学2年生から余裕をもってインターンに参加しておくことは大きなアドバンテージとなるでしょう。また、大学3年生になる前に実績を作っておけば、リクルーターからスカウトされて選考フローをスキップできる可能性も出てきます。
早めにインターンシップに参加して、他の学生と差をつけましょう!


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。