希望のインターンシップを見つけるための4つの探し方

希望のインターンシップを見つけるための4つの探し方

インターンシップとは

「就職に向けてインターンシップに参加したいけど、どこで探したらいいの?」そんなあなたに、効率的なインターンの探し方を解説します。

 

インターンでも大学の就職課は重要な情報源

就職活動はもちろんのこと、インターンの情報を探す上で有用な情報源になるのが大学の就職課やキャリアセンターです。就職活動や卒業後のキャリアプランに関する様々な情報の提供や相談にのってもうらことができます。

夏休みや春休みを中心としてインターンシップの情報についても発信していて、条件を満たせば自由に応募することが可能です。公募されているインターンについての情報だけでなく、企業側から大学や学部を指定して募
集されているものもあり、競争率が低いことから採用される可能性も高くなっています。

特に学部や学科を指定しているインターンは将来の仕事に直結しやすいだけでなく、青田刈りをする目的でコネクションを作るためのインターンという位置付けをしていることもあるのが特徴です。候補となるインターンの数は大学によって様々ですが、就職に直結する可能性があるため有効に活用すべきです。

また、学部やキャンパスによってキャリアセンターが分かれていて、学部独自の情報を持っているケースもありえます。これらもキャリアセンターに相談して広く情報収集をすることが大切です。

 

インターンの専門サイトで探す。但し、ブラックインターンに注意

広く情報を集めるならば、やはりネットの活用は欠かせません。現在ではインターンの求人を専門としたサイトも多数存在し、目的や業種などの充実した検索機能が使え簡単に応募ができます。

サイト内に掲載している企業は、ITベンチャーが多い傾向にあります。これは、知名度で不利なため、若く優秀な学生を早期に囲い込みたいネライがあり、また、積極的に戦力として起用しますので学生にとっても成長やスキルを獲得する良い機会になります。

一方で、職場環境は玉石混合の部分もあり、会社によっては、いわゆるブラックインターンと呼ばれる、劣悪な労働環境にあたることも・・・。「合わない」と感じた場合は、早めに辞退し、次のインターン先を見つけることも考慮しておきましょう。

 

インターンにも使える就活サイト

いわゆる新卒学生向けの大手就活サイトもインターン探しに有効です。

企業側も大手求人情報サイトを学生向けの情報提供の窓口として利用しており、インターンの情報も提供しています。その傾向を受けて就活サイト側でもインターンシップに関する特集記事を組み、インターン専用の検索システムを導入しているサイトもあります。

特に、働いてみたい会社が決まっている場合は、サイト内の意中の企業ページをチェックすることで、インターンの採用時期などの情報を得ることができます。

 


 

先輩や友達からインターン先を紹介してもらう

インターンシップの情報は必ずしも公になっているとは限りません。就職したいと考えている企業に直接連絡して「今年はインターンを実施する予定がありますか」と聞いてみると、実施予定の有無について回答を得られる場合もあります。

ただ、一般に向けて募集をしていないときに直接連絡をして応募できたとしても採用される可能性は低いです。このようなクローズドのインターンシップの場合には特定のつながりを使って有力な人材を集めていることが多いからです。

特に、既に働いている人からの紹介を重視してインターンを採用している企業もあります。企業側も信頼できる人物からの紹介は安心ですし、学生側も知人がいれば会社内の雰囲気を事前に知ることができるし安心ですよ
ね。先輩や友人からインターン先の情報を集めて見ましょう。意外な発見があるかもしれません。

 


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。