内定辞退の基礎知識を学びトラブルを未然に防ごう

内定辞退の基礎知識を学びトラブルを未然に防ごう

内定

就活生ならば通らなければいけない内定辞退。どのように内定を辞退すれば良いかが悩みの種ですよね。トラブルにならないか? 怒られたりしないか? 内定を断るときにも、出来れば良い印象を与えたいもの。先方の企業に悪い印象を与えることなく、スマートに内定を断る方法をここではご紹介していきましょう。

内定辞退の理由を文章化して準備すること

内定後にやむを得ない理由で内定辞退をしなければならないときには、先方の企業にその旨を伝える必要があります。

もちろん、就活(就職活動)に内定辞退はつきものと考えて、ドライに割り切っている企業もありますが、何故、自分の会社が選ばれなかったか、今後の採用のために理由を知りたい会社もあります。そういった企業の場合、内定辞退の理由を聞いてくる可能性があります。

内定辞退の理由を聞かれて、しどろもどろになるとあまり良い印象を与えません。つまり、内定辞退の理由を、きちんと説明できるように文章化しておく準備が必要です。
他社に入社する旨を正直に伝え、また、問い詰められない限り、就職する具体的な会社名を出す必要はありません。

 

内定辞退の連絡のタイミングは?

これは、今すぐです。会社はあなたが入社すると考えて準備を進めています。新規に内定者を確保する必要があるかもしれません。

もしもご自身が採用担当者だった場合、まだ内定候補者に連絡ができる状況と、つい先ほど不採用通知を出してしまって内定者を確保できない状況では、どちらが腹正しく感じるでしょうか。前者の場合は残念ですが縁がなかったと思えますが、後者ですとつい苛立ちを感じてしまいそうですよね。

就活生にとって、内定辞退は気が重く後回しになりがちですが、できるだけ早いタイミングでのお詫びが、円満に解決できるポイントと言っていいでしょう。
内定辞退の決断を延ばせば延ばすほど、会社にとっては、迷惑な人になります。

 

内定辞退のポイントは誠意を持って話すこと

内定辞退のポイントは誠意を持って話すことです。では、具体的に誠意とは何でしょうか?

ビジネスの世界で「お詫び」をする際は、まずは、電話で報告し、その後に、直接会ってお詫びをすることが基本です。まずは、内定辞退の謝罪の電話をしましょう。

そして、普通の企業であるならば、就職の内定辞退は、想定内の不運と考えています。採用担当者も内定辞退の学生に時間を割きません。就活生に対して、直接会ってお詫びを要求することはないです。

もしも、直接会ってのお詫びを要求された場合、いわゆるブラック企業の可能性があり、鄭重にお断りをした方がよいでしょう。仮に約束をしてしまった場合は、学校の就職課やキャリアセンターに相談しましょう。

電話でお詫びをしたあとは、改めて、お詫びのメールを出しましょう。採用担当者はたくさんの学生と対面しています。内定辞退の事務処理にミスが発生する可能性もあります。電話では記録に残らないので、記録の残るメールにて念押しをしましょう。

さらに、誠意を見せたい場合は、直筆の内定辞退のお詫びの手紙をだしましょう。

 

内定式、内定承諾書の提出後に、内定を辞退できるのか?

結論からいうと、内定式後にも内定辞退を出すことはできます。企業は、学生に出した内定をどんな理由があっても「職業選択の自由」の権利によって、学生を束縛することができません。

内定式のときに提出される、内定承諾書などは法的拘束力を持たないため、内定式後に内定辞退をすることは誰にでもできます。

内定辞退は悪ではないが、謝罪と感謝の気持ちをもつこと

就職は学生の人生で非常に重要な選択です。あなたの行きたい1社に絞り、他は内定辞退することは悪いことではありません。

とはいえ、会社にとっては時間とお金をかけて採用した人物が辞退することは大きな損失でもあります。学生は、会社に迷惑をかけたことを理解して「ご迷惑をおかけしました」という気持ちと、多くの学生の中から、いままで時間をかけて自分を選んでもらった「感謝の気持ち」を忘れないように、誠実な態度で内定辞退を行いましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。