エントリーシートの趣味欄の意味を知り就活を有利に進めよう(例文あり)

エントリーシートの趣味欄の意味を知り就活を有利に進めよう(例文あり)

エントリーシート(ES)

エントリーシートの「趣味」欄ってありますよね。でもこの趣味欄で就職活動の採用に影響があるのでしょうか? ここではエントリーシートの趣味欄に関して、採用担当者がどのようにみているのかを踏まえて有利に活用する方法を例文つきで説明します。

エントリーシートの趣味欄は何故必要なのか?

企業は、たくさんの中から採用する学生を選ばなければなりません。もちろん、学歴や資格などでの額面上のスペックで選ぶこともできますが、一緒に働く仲間です。きちんと人柄を知っておきたいものです。

エントリーシートの趣味欄はあなたの人柄を知る為の項目です。また、面接時に、面接官があなたに質問するネタとして利用します。

そのため、ただ「釣り」「読書」などシンプルに書くだけでなく、一歩踏み込んだ表現をして得意分野に持ち込み、面接を有利に進めることもできます。

 

趣味欄で嘘を書いてもいいの?

面接官のウケのよさそうな趣味を書くべきだろうか? 迷いますよね。やってもいないのに「クラッシック音楽鑑賞」や「草野球」「俳句」・・・。

面接官が同じ趣味欄を持っていた場合、共感を抱き、細かく質問してくることがあります。
その際に、きちんと答えられずに、嘘がばれると、共感が不信に変わり、かなりイメージが悪いです。やってないことを書くのはやめましょう。

「立派な趣味だから合格」なんてことはありませんので、わざわざウケの良い趣味を作って書く意味はありません。

 

エントリーシートに書くべきではない趣味

いくら自分が好きだとしてもギャンブルや犯罪を想起させる趣味は控えましょう。
例えば、競輪や競艇などの公営ギャンブルや、パチンコ・スロット、麻雀など。そして、ハッキングや、解剖、ナンパ、2chなどです。

もちろんこれらを趣味にしている人もいるかもしれませんが、エントリーシートの自己PRには書くべきではありません。わざわざ自分の評価を自分から落とすことはありません。

 

趣味がない人はどうすればいい?

たとえ無趣味でもエントリーシートに「ありません」と書いてはいけません。では、趣味がない人はどのようなことを書けばいいのでしょうか?

それは「読書」「映画鑑賞」「音楽鑑賞」です。現代日本でこれに触れていない人はいないでしょう。今まで観て来た中で、好きなものを書きましょう。

面接時には「最近読んだ本(映画)の中で印象的だったのは?」などと聞かれることもあるでしょうから、最近の本を読むなり映画を見るなりしておきましょう。

でも、何でもOKというわけではありません。ちゃんと文学性がある本だったり、話題性のある本、例え職場で名前を出しても恥ずかしくない本や映画をセレクトすることです。

そして、ただ観るだけでなく、そこから自分がどう感じたか、話せるようにちゃんと整理しておきましょう。


エントリーシート趣味欄の書き方は具体的に

前述のようにエントリーシートの趣味欄は、面接時の質問のネタとして使われるケースが多いです。趣味を書くにしても「読書」「映画」などだけでなく、ジャンルや量、頻度、ポジションなど、項目欄の大きさにあわせて情報を追加しましょう。面接官の共感を得られればそれだけ有利になります。

読書(ミステリー 作家の●●が好きです)
読書(100冊/年)
映画(SF映画 ●●監督の作品がすきです)
サッカー(ポジションはボランチ)

ピアノ(●●を好んで弾きます)
野球(ショートです)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。