就職活動のエントリーシート(ES)って何? その基礎を理解しよう!

就職活動のエントリーシート(ES)って何? その基礎を理解しよう!

エントリーシート(ES)

就職活動において絶対に避けては通れない書類、エントリーシート。通称ESと言われるそれは、あなたの人生を大きく左右するといっても過言ではありません。その基礎をしっかり知っておきましょう。

ここでは、大手企業で新卒の採用担当として年間約2,000人と接してきた元人事担当者が、エントリーシートの重要性について詳しくお伝えいたします。

1.履歴書とエントリーシートの違い

どちらもあなたのことを伝える書類であることに変わりはありませんが、それぞれの求められる役割は全くと言っていいほど違います。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1−1.履歴書

履歴書とは、あなたの基本情報、いわゆる骨格部分を企業に伝える書類です。住所や年齢はもちろん、学歴や資格などといったことを記入していきます。浪人や留年、休学などマイナスのことを書かなければならない方もいるでしょう。その際は嘘偽りなく、事実のみをしっかりと書いてください。

また、自己PRや志望動機を記入する欄があります。これは履歴書によって内容や枠の大きさが異なります。資格や特技をアピールしたい方は資格・特技欄が、特別にPRしたいことがあるならPR欄が、志望動機を熱く語りたい方は志望動機欄が大きく取られている履歴書を探すとよいでしょう。大学指定の履歴書で書くことを求められていない限り、市販のものであっても問題ありません。
あなたが書きやすい履歴書を選ぶか、パソコンを利用してアピール欄を自由に作ってみても良いでしょう。

1−2.エントリーシート

エントリーシートとは、履歴書に書いた基本情報に肉付けするようなイメージの書類です。より詳しく、あなたのことを企業に伝えられる書類といってよいでしょう。「学生時代に頑張ってきたことはなんですか?」や「入社したらやりたい仕事はなんですか?」といったような質問がなされます。ほとんどがその企業独自のエントリーシートを用意しており、各自ダウンロードもしくは配布されたものに記入します。ネットの管理画面で入力する形式も採用されています。

採用担当者はエントリーシートに書かれた情報を元に、この学生が入社したらどんな仕事を任せられるだろう、どんな仕事ぶりを発揮してくれるだろうといったイメージを膨らませます。また、エントリーシートはそれそのものが一次選考に使われることが多くありますから、相手に自分を売り込み、会ってみたいと思わせるようなものにする必要があります。

 

2.エントリーシートの提出時期

では、エントリーシートはどのタイミングで提出するのでしょうか。例外もありますが、大きく分けて4つのタイミングがあります。1つ目がエントリー時、2つ目が説明会後、3つ目が一次選考として、最後が面接時に持参する、です。

ところで就活を始める際、最初にすることは自己分析と聞いたことはありませんか? 就活がスタートした直後、エントリー時にエントリーシートの提出を求められた際、すでに自己分析を終えているのかそうでないのかでは大きな差が出ます。エントリーときに書いたものは修正出来ないことも多いので、他の学生の一歩先をいくためにも就活が始まる前から自己分析をしておくと良いですね。

 

3.何を書くか

エントリーシートは、たいていの場合それ自体が合否を決める書類であることが多いです。エントリーシートでの一次審査をパスした後に面接に進むのですが、エントリーシートに記載している内容と面接での応答には一貫性をもたせましょう。

アピールしたいことがたくさんある場合いろいろなことを言いたくなる気持ちは分かりますが、そこはぐっと我慢して絶対にアピールしたいことひとつに絞ることをおすすめします。入社後に挨拶をした際、「あ、○○さんは●●した人だよね」「××さんは●●なタイプの人だよね」などと、あなた=△△といったようなイメージを与えられたら大成功です。自分に対してキャチコピーをつけて、分かりやすくアピールしましょう。

 

4.内容の使いまわしは要注意

就活中はたくさんの企業にエントリーするため、書かなければならないエントリーシートの数もとても多くなります。そんな時、自己PRなどを使いまわしたくなる気持ちは分かるのですが、その前に少し考えてみてほしいことがあります。

各業界にはそれぞれタイプがあります。銀行のように非常に堅い会社から、雑誌社や音楽業界のようなエンタメ系の会社などなど、もちろん、求める要素が変わってきます。各業界や企業のタイプにあわせて、自己PRの内容を使い分けましょう。業界別に自己PRのパターンをいくつか持っておくと良いですね。


5.まとめ

以上、エントリーシートが如何に重要な意味をもつかについてご理解いただけましたでしょうか?まずは面倒がらずに徹底的に自己分析をし、内外問わず多方面から自分を見つめ直してみてください。そうすれば、エントリーシートへの心構えが変わります。自分1人じゃ出来ないという方は、家族やお友達に協力してもらうのもおすすめですよ。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。