OB訪問の鉄則、悪い質問と良い質問を知っておこう(例文あり)

OB訪問の鉄則、悪い質問と良い質問を知っておこう(例文あり)

OB訪問

OB訪問の際の質問はしっかりと用意していますか? せっかく面接の機会を作ってくれた先輩に失礼のないように、意味のない質問をしないようにしましょう。今回は、OB訪問での質問に関して、良い質問、悪い質問を例を踏まえてまとめました。きちんと準備をして有意義なOB訪問にしましょう。

OB訪問で良い質問の例

OB訪問の目的は人事が発表しているカタログ的な情報とは別の情報を知ることです。

例えば「御社の資本金は?」「海外展開は?」など調べて分かるような質問をすることはNGです。
まずは、その会社をよく調べ、その会社のニュースなどをチェックし、内定を獲るための情報収集に徹しましょう。

 

1.面接の傾向や情報を得る

まず、OBはその会社に採用試験を突破しています。

そこで、面接がどのような形で進められたのか? 1次や2次の面接でどのような質問をされたのか? グループディスカッションはどのようなお題で、何人で、何分で進められたのか? など、採用試験の経験を聞きましょう。

もちろん、その年によって採用型式は異なりますが、情報が多い方が安心できますよね。

2.志望動機や自己PR、エントリーシートを見てもらう

その上で、自分のエントリーシートについてなど、アドバイスをもらうのはとても良いことです。
OBの方がどのようなエントリーシートを書いてその就職先に受かったのか参考になります。必ず、自己PRや志望動機を見てもらい、エントリーシートのか書き方を学びましょう。

3.どのような人材を求めているのか(自己PRのネタ作り)

これは自己PRを作り際に役に立ちます。求めている人物像と自分の特長がマッチするように自己PRを作ることができればバッチリです。例えば、「活躍している人材の共通点」を聞いてヒントを得るなどの方法もあります。

4.会社の抱えている課題や業界内での特長(志望動機のネタ作り)

これは、志望動機を作る際に役に立ちます。「御社は業界の中でも、●●に力を入れており~」などの特長を入れることができるので有効な質問です。

また、OBが「その会社に入社を決めた理由」も志望動機のネタもとになります。うまく、志望動機のネタを引っ張る質問をしましょう。

 

5.新人時代の仕事と今の仕事

新人時代はどのような仕事をして、どのようなキャリアを歩んできたのか? 今はどのような仕事をしているのか、聞いてみましょう。1日の仕事のスケジュールも聞けば、自分がその会社に内定をもらって仕事をするときのイメージができるでしょう。

6.評価制度に関して確認しましょう

会社はどのうように社員を評価するのか評価制度を確認しましょう。

7.社内の雰囲気を聞いてみる

抽象的な質問になります。就活生のホンネは、自由な会社なのか、ルール重視の会社なのか、若手を登用するのか、ガリガリと頑張る会社なのか、のんびりした会社なのか、そういったことを聞きたいと思いますが、相手がそれを察して、答えてくれるとは限りません。そんな場合は表現方法を変えましょう。

■会社の自由度を知る

社員の服装をたずねてみましょう。スーツオンリーなのか、ビジネスカジュアルなのか、服装自由なのか、服装の自由度と社内の自由度は比例します。それによって会社の自由度とルールが見えてきます。

■若手の登用度合いを知る

課長や部長の年代を聞いてみましょう。
若手の役職者が多い会社は、若手にチャンスを与えている可能性があります。

若手が活躍する・・・つまり、で離職率が高い可能性もありますので、多い年代層を聞いてみましょう。高齢の社員がある程度いる会社は、長く勤めやすい会社ともいえます。

 

■会社のタイプを知る

これは、OBを観察しましょう。ガリガリ系の会社なのか、のんびりした会社なのか、その人を見ればある程度見えてきますよね。

 

 

OB訪問で悪い質問例

次はOB訪問でしてはいけない質問例です。

1.調べれば分かる質問

資本金は? 経常利益は? 企業理念は? など調べて分かる質問はしてはいけません。面談の際、相手の企業を調べておくのはマナーです。面接をするOBはかなりがっかりするでしょう。

2.給与や福利厚生

これも、調べればある程度分かることです。相手の年収を聞くのは失礼な質問ですので、控えましょう。

 

3.残業時間についてなど

その会社の残業時間や休日についての話などもやめておきましょう。
意欲的でない質問をしても、答える側も損した気持ちになりますし、質問したところでそのシステムが変わるわけでもないので誰も得をしません。

 

4.離職率に関する質問

離職率もある程度調べれば分かりますし、前述しましたが、多い年代層を聞いてみれば、勤めやすさも見えてきます。

 

5.配属の希望がかなうのか?

「配属の希望はかなわない」が前提です。配属は会社の命令です、多くの会社員は、その中で仕事をしています。「イヤなら辞めてください」としかいえないです。

 

6.学生のうちにやっておくべきこと

せっかくのOB訪問です。誰に聞いても良い質問はしないほうが良いでしょう。

可能な限り、業界やその会社に関する質問にしましょう。例えば、御社に入る前に「勉強しておいた方が良いこと」「とっておいた方が良い資格」などの質問ならば意味はあります。


まとめ

OB訪問の目的は、その会社の内定を獲ることです。
会社の待遇や雰囲気は、ネットで調べれば、ある程度は分かりますし、入社する、しないは、内定をもらってから決めれば良いことで、優先度は高くありません。

OB訪問の質問は、面接や採用試験の情報、エントリーシートの書き方、自己PRや志望動機のネタを集めることに焦点をしぼりましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「SPI」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。